生後5ヶ月の赤ちゃん成長カレンダー

生後5カ月の赤ちゃん

腹ばい遊びが上手に。寝返りをはじめる子もいます

5ヶ月/腰をひねらせて寝返り練習中

ほとんどの赤ちゃんの首がすわり、腹ばいの姿勢での遊びが上手になってきます。腹ばいのまま、両手をつかって物をつかんだり、おもちゃをつかもうと手をのばしたり、腕をのばして体を反らせたりすることも。そんな遊びの延長で寝返りができるようになる子も増えてきます。クッションやベビーソファなど、寄りかかるものがあれば、おすわりができる子も出てきます。腹ばいよりも視線が高くなって楽しいからか、おすわりが好きな子はたくさんいます。ただし一人で座れるようになるのはもう少し先なので、長時間にならないように注意を。

夕方泣きで家事リズムが狂うことも。離乳食の準備もはじめて

生後3〜6カ月頃の赤ちゃんが、夕方に突然大泣きをはじめることがあります。「たそがれ泣き」とも呼ばれるものですが、じきにおさまるので、それまではつきあってあげて。家事で忙しい時間帯なのでママは困ってしまうかもしれませんが、昼寝の間に夕食を仕込んでおく、お風呂に入れて気分転換させてみるなど工夫してみて。おんぶであやしながら、家事を進めるのもいいでしょう。
 生後5カ月を過ぎると、そろそろ離乳食をはじめる時期です。パパやママの食事の席に座らせるなどして、「食」への興味をもたせるのもおすすめです。よだれを出したり、食べたそうなそぶりを見せたら、離乳食の準備をはじめて。

お世話のポイント

そろそろ離乳食をはじめます

大人が食べているのをみて欲しそうな様子をみせたり、口をもぐもぐと動かしはじめたら、離乳食をはじめるサインです。5カ月になったからというのではなく、赤ちゃんの様子を見てスタート時期を決めてください。まずはドロドロにすりつぶしたおかゆを、1さじだけあげることから始めます。口から出して全然食べてくれなくても、焦らずに。まだ食べたくないのかな?くらいの気持ちで、少し日をおいてみるなど、その子のペースで進めてあげてください。

寝返り対策を万全に

腹ばいでおもちゃをとろうとしたらできたなど、遊びの延長で突然できるようになることが多い寝返り。はじめは同じ方向にしかできなかったり、体の下になった腕が抜けなかったり、うつぶせから戻れなかったりしますが、日を追うごとにできることが増えてきて、ママも見ていて楽しいでしょう。朝はできなかったのに、夕方には寝返りができるようになった、ということもよくあるので、目を離すときは油断をせず転落防止策を怠りなく。朝、ママが目を覚ます前に寝返りしていたという場合もあるので、ベッドガードなど寝具まわりも確認を。ベッドサイドのぬいぐるみなども窒息の原因になります、置くなら枕元ではなく足元に。
 またベッドなど高い場所でオムツ替えをする時も注意して。寝返りをはじめると手が届く範囲が広がるので、誤飲や窒息、舐めると危険なものがないかもチェック!

トイレットペーパーの芯より小さい物は誤飲の危険あり

手がとどく範囲が広がり、なんでも口にいれるこの時期は特に誤飲への注意が必要です。薬、硬貨、おもちゃの破片など、危ないかな?と思えるものは、高いところへ置くようにして。窒息の可能性だけではなく、ボタン電池やたばこなど、中毒症状を引き起こしたり、体内の粘膜が溶けてしまうようなものもあるので非常に危険です。引き出しをあけたり、棚の裏、椅子の下など、大人の視線では気づかない場所を触ったりするので、行動範囲が広がってくるこの時期に思いきって大掃除をすることもおすすめです。

ママのこと

子育てサークルや児童館は、ママ友づくりにも◎

赤ちゃんの睡眠や授乳のリズムがつかめてきたら、そろそろおでかけも楽しみたいもの。なかでもおすすめは、子育て支援センター(児童館)や子育てサークル。自治体の子育て支援事業の案内や回覧板、掲示板などで、地域の情報を得ることができます。乳幼児のためのおもちゃや一緒に遊んでくれるスタッフがいたり、たいてい授乳室やオムツ替えスペースも充実しています。何よりも、同じような月齢の赤ちゃんを連れたママがたくさんいるので、悩みを相談したり共有したりと、ママにとっても楽しい時間となるでしょう。手遊び歌や絵本の読み聞かせ、誕生会など、イベントに参加するだけでも気分転換に。地域の子育て情報が集まっている場所なので、ぜひ出かけてみて。

お悩みQ&A

よだれが多くてスタイがすぐびしょびしょに・・・。いつか止まるの?

よだれの多い少ないは、個人差が大きいもの。ほとんどよだれが出ない子もいれば、よだれが多くて1日に何度もスタイを取り替えなければならない子もいます。特に離乳食を始めるこの頃は、唾液の分泌が増えてきます。うまく飲み込めず、よだれになってしまうのですが、多くても少なくても問題ありません。月齢が進むと自然に減ってくるでしょう。かぶれの原因になるので、よだれが出たら、なるべく拭いてあげて。

ミルクや母乳以外の水分をあげてもいいの?

まだミルクや母乳の回数が多い時期なので、そのほかの水分はあえて与える必要はありません。ただ、まだお腹が空いていない時間帯に、よく汗をかいたときや、お散歩のあと、お風呂上がりなど、喉がかわいていそうなときに与えるなら、湯冷ましか麦茶がいいでしょう。哺乳瓶で飲ませるか、スプーンで口にいれてあげます。味の濃いものはまだ避けたいので、果汁は薄めてあげて。また、烏龍茶や緑茶などカフェインが入っているものは、消化器系が未熟な赤ちゃんにはまだNGです。

すぐにうつぶせ寝をしてしまう。窒息しないか心配です

うつぶせの姿勢が好きな子は、眠るときもうつぶせになることがあります。寝返りができるようになれば、自分で体勢を変えられるので、窒息の心配は減りますが、念のため目が届く場所にいてあげて。やわらかい敷布団や枕、タオルなどには注意を。心配なら、たまに仰向けに変えてあげるのもいいですね。

オムツをサイズアップするタイミングがわからないのですが・・・

赤ちゃんが一日中、身につけているオムツは、ジャストサイズを用意してあげたいもの。腰周りがきつそう、ゴム跡がつくようになったなどが、サイズアップのタイミングです。体が大きくなると、おしっこやウンチの量も増えるので、吸収量が少ない小さなサイズだと漏れてしまうことも。すぐに寝返りをして、オムツ替えの時にじっとしていてくれない元気な子は、うつぶせでも履かせやすいパンツタイプに切り替えるとママのストレスが減るでしょう。

指しゃぶりはやめさせたほうがいいの?

指を舐めることが楽しかったり、安心感があったりと、赤ちゃんは指しゃぶりが大好き。器用に足をつかんで、足の指まで舐めるようになってきます。これは自分の手や足を確認している行為でもあり、自然なこと。いずれ舐めなくなるので、見守ってあげて。歯が生え始めるこの時期は、歯がムズ痒いからかも。弾力があって、噛みやすい形状の「歯がため」を準備してあげても◎。