産む場所のこと、どれだけ知ってる?産院選びの勘違い

産む場所のこと、どれだけ知ってる?産院選びの勘違い10

満足度の高いお産ができるかは、産院選びが大切。しかし大きな勘違いをしている場合も。産む施設のこと、改めて考えてみませんか?

■お話を伺った方 出張ジャーナリスト 河合蘭さん

妊娠・出産専門のジャーナリストとして多くの媒体で執筆、テレビでのコメント多数。著作は「卵子老化の信実」(文春新書)など多数。

「近いこと」だけで選ぶのはもったいない

妊すぐ・ゼクシィBaby読者にアンケートをしたところ、産院選びの第一条件は「近さ」。なんとなく近くにある産院を受診して、そのままそこで産むというママが多いのでしょう。しかし「それだけではもったいない」と出産ジャーナリストの河合さん。人生に何度も経験するわけではないお産なので、自分の希望するお産ができるか調べたいものです。現在は、分娩は一部の産科施設に集中する傾向なので、産む場所は選べない地域もありますが、妊婦健診は近所のかかりつけの診療所で行うスタイルも増えています。自分がどんな妊娠生活を送り、どんなお産をしたいかを、まずは考えてみることから始めてみては?」

産院選びで重視したことは?

  • 1位 近さ 81%
  • 2位 診察時間や医師が担当制など 33%
  • 2位 出産後の対応 (母乳育児や母子同室か)  33%
  • 4位 設備などの新しさ 29%
  • 5位 産婦人科の先生との相性 29%
  • 6位 費用 21%
  • 7位 希望する分娩をできるか 18%
  • 8位 助産師によるサポートの充実 16%

「近さ」のほか、分娩スタイルよりも母乳育児など「出産後の対応」を重視している結果に。

産院選びでよくある勘違い10