妊婦の医学

妊婦の医学

※雑誌「妊すぐ2013年1月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

妊娠すると体は劇的に変わります。外見はもちろんのこと、体内にもさまざまな変化が訪れ、ちょっとしたトラブルに見舞われることも。どんな変化が起こり、気をつけるのはどんなこと?一緒に学びましょう。

妊婦の医学 一覧

妊娠中に起こる体の変化、理由知れば納得!

妊娠すると、外見的にはおなかが大きくなるといった顕著な変化が見られますが、妊娠を継続させるために分泌が増加するホルモンの影響で、内面的にもさまざまな変化が起こります。それに妊娠中にはトラブルも多く、妊娠をきっかけに疾患を発症するケースもあります。なぜトラブルや症状があらわれるのか、また、あらわれたときにはどうすればいいのか、どうなったらドクターへ相談する必要があるのか、正しい知識を身につけておくと安心ですね。例えば、妊娠初期に出血を伴わない軽いおなかの張り(空気がいっぱいに入ったボールのように、おなかが固くなるような感覚)を感じることがあります。なにも知らないと不安になってしまうかと思いますが、原因や対処法を知っていれば、「これも赤ちゃんが育っている証ね♪」と、妊娠生活を前向きに楽しめるきっかけになりますよね。