妊娠3ヶ月(8週・9週・10週・11週)

黄体ホルモンの影響で、感情の起伏が激しくなり、つわりもピークに!赤ちゃんは「胚芽」から「胎児」と呼ばれるように。

妊娠3ヶ月の妊婦さんの状態

妊娠3ヶ月の妊婦さんはつわりに加えて頻尿や便秘も

6〜8週でつわりのピークを迎える人が多いようです。

妊娠3ヶ月の赤ちゃんの状態

妊娠3ヶ月の胎児は「胎芽」から「胎児」へ

この頃になれば、もう胎芽ではなく、胎児です。

妊娠3ヶ月のエコー写真

3頭身になり、体を動かす様子も。さらに人間らしく

背骨や脳など体の器官がきちんと形成されているかを先生は診ています

妊娠3ヶ月の体験談

妊娠3ヶ月ぐらいからご飯にゴマと海苔をかけて食べいました。貧血防止のためです。(32歳)

妊娠3ヶ月頃から、飲み物をほうじ茶に変えました。臨月から30分の運動を、二日に一回取り入れるようにしました。(25歳)

4ヶ月頃になると、おなかの中の赤ちゃんに外の声が聞こえるようになると聞いたので、妊娠3ヶ月頃から童謡を歌って聞かせています。夕食の準備をする時間帯が多いです。(32歳)

健診で、尿の検査の尿糖の項目でひっかかる事が多く、何度も血液検査をされたので妊娠3ヶ月くらいから糖分を出来る限り控えるようにしました。(28歳)

妊娠3ヶ月ごろから、ご飯は極力19時までに食べ終わるように努力しています。(25歳)

妊娠3ヶ月から、根菜類の煮ものをよく食べるように心がけていました。(27歳)

夜更かしが好きでしたが21時、22時には寝るようになりました。妊娠3ヶ月ごろは20時くらいに寝ていました。睡眠時間に気をつけようと思ったというより、寝ないと仕事に行けませんでした。(29歳)

妊娠初期の2ヶ月から3ヶ月頃は疲れやすいので毎晩黒酢を飲んでいました。7ヶ月の現在は便秘と貧血予防にきなこ牛乳やヨーグルトを摂取しています。(33歳)

妊娠3ヶ月から、カルシウムをとるためと便秘を防ぐために、牛乳寒天を作って食べていました。一日一回食べていました。(28歳)

妊娠3ヶ月頃から葉酸のサプリメントを飲み始め、8ヶ月で仕事を辞めてからは毎日散歩をするようにした。(31歳)

妊娠3ヶ月くらいから鉄分やビタミン、タンパク質を沢山取るように心がけた結果、作るメニューが海草・大豆製品・野菜類中心の精進料理みたいなモノばかりになってしまった。(33歳)

貧血気味だと妊娠3ヶ月の健診で言われたので、それ以来プルーン入りのヨーグルトを毎日食べています。妊娠7ヶ月の検査では引っかかりませんでした。(31歳)

妊娠3ヶ月頃から食べ物の匂いが駄目だったので、冷めたものを食べることが多かった。温かいものは匂いがきわだつので。(31歳)

妊娠3ヶ月頃より、朝食にヨーグルトは欠かさず食べるようにしました。なるべく葉酸が摂取できるように心がけました。(31歳)

妊娠初期2〜3ヶ月に胎児の脳が発達するため、葉酸の多い食品を摂るようにし、ビタミン剤でも補った。(36歳)

料理に使う以外に買わなかった牛乳を、妊娠3ヶ月頃から毎日コップ2杯は飲むようになりました。葉酸が良いと聞いて、葉酸の入った牛乳にしました。(35歳)

妊娠3ヶ月頃から、鉄分を多く含む食品をよく食べるようにしてました。双子を妊娠していると、どうしても鉄分不足になるらしく、気を付けていても足りなくなり、妊娠5ヶ月頃には薬を処方されて飲んでいました。(34歳)

妊娠3ヶ月ぐらいのときに、いつも食べていたマックを食べたら、鼻の下から口のまわりにニキビ、それも化膿しているニキビがたくさん出来てしまいました。完治するまで2ヶ月近くかかりました。つわりがあってもわりと何でも食べられていたので、このとき初めて体に変化があるんだと実感しました。

妊娠3ヶ月ごろから、わかめごはん、ほうれん草を積極的に食べるようにしました。(35歳)

食事では妊娠3ヶ月ころからプルーン、牛乳を意識してとるようにしていました。(36歳)

以前からやっていたヨガは、妊娠3ヶ月のころは控えるようにしました。運動は妊娠6ヶ月からマタニティービクスをはじめました。(30歳)

妊娠3ヶ月から、葉酸のサプリを飲んだり、葉酸を多く含むほうれん草・イチゴなどを食べるように心がけました。

妊娠3ヶ月から、外食を控えるようにしました。いちご等葉酸が多いとされる食物をとることを心がけました。

時間を見つけて1時間程散歩するようにしました。3ヶ月から出産まで続けました。(31歳)

妊娠3ヶ月頃から自転車をやめて、ウォーキングを兼ねて徒歩で通勤するようになった。(31歳)

妊娠がわかったら、すぐに母子手帳が貰えたらよかったです。母子手帳には妊娠3ヶ月になる前から記載できるようになっているのに、貰う時期が遅かったため、使えませんでした。(35歳)

母子手帳は妊娠3ヶ月にならないと貰えないので、妊娠が判明したらすぐに欲しかったです。(37歳)

流産が怖かったので、周囲のひとには妊娠3ヶ月頃に話しました。喜んでくれましたが、筋腫があったのでかなり心配されました。

一度流産経験があるため、主人以外には妊娠3ヶ月くらいになってから妊娠したことを伝えました。主人にもまたがっかりさせたくなかったのでドキドキでした。

妊娠と同時に不正出血があり、出血が一週間ほど続いたため生理かと思っていました。けれど、普段の生理と少し様子が違ったため妊娠3ヶ月未満で検査薬を使用し、妊娠発覚しました。

つわりはそれほどひどくはなかったのですが、会社帰りの満員電車で臭いに敏感になってしまったため、マスクと飴でごまかしていました。仕事中は常に飴とチョコで空腹を満たしていました。おかげで妊娠3ヶ月にして3キロ増でした。

妊娠3ヶ月頃〜5ヶ月頃まで気持ち悪さがピークでした。体重も3キロほど減りました。とにかく一日中横になってました。解消法は、梅など酸味のあるドレッシングでサラダを食べると少しスッキリしました。あとは気持ち悪さを少しでも忘れるために漫画を読んだりしました。

結婚7年で念願の妊娠をしましたが流産。8年目で2度目の流産を経験して、3度目の妊娠だったので、2度目と3度目はお互いの母親だけに伝え、5ヶ月過ぎるまでは黙っていてもらうよう伝えていました。けれど、3ヶ月を過ぎて心拍確認ができたとき、その時点で親戚や近所まで広まっていたようです。

出産応援キャンペーン 妊プレ