妊娠4ヶ月の妊婦さんの状態

つらかった時期を過ぎ楽しみも増えてきます

つわりが少し楽になってくる

12週を過ぎたあたりから、辛かったつわりも徐々に治まってきます。なかには出産直前までつわりが続いていたという人もいますが、ほとんどはこの頃に治まっているようです。

基礎体温が低温になる

妊娠以来続いていた高温期から低温期になります。そのため、体のほてりやだるさもとれてきて、気分もスッキリ。気分転換や体力づくりのために、家事や散歩をすることもオススメです。

妊娠4ヶ月に起こる症状

胸や下半身に脂肪がついてくる

赤ちゃんを守るための脂肪がついて、全体にふっくらした印象になります。

下腹部のふくらみもわかるように

赤ちゃんはまだ小さいですが、子宮は子どもの頭くらいの大きさになり、下腹部のふくらみも目立ってきます。

経膣プローブから経腹プローブへ

健診では、膣へ挿入するタイプから、おなかの上からプローブを当て赤ちゃんの状態を診るようになります。赤ちゃんの全身や動いている様子も見えます。

妊娠4ヶ月にやること・気をつけること

バランスのとれた食事を心がける

つわりの頃のように、好きなものを好きなときだけ食べるという生活はおしまい。きちんと栄養バランスを考えた食事をしましょう。特に、カルシウム、鉄分、ビタミン、ミネラルは普段の食生活で意識的に摂るようにこころがけて。

歯科健診に行っておく

つわりで吐き気が起こり、歯を磨けなかった人は虫歯のリスクあり。おなかが大きくなると診察台に横になっているのも辛いので、この時期に受診を。

締めつけの少ないマタニティ下着を

まだそれほどおなかは大きくなっていませんが、今までの下着では苦しくなってくるかもしれません。

全身の保湿をしっかり!

かゆみや湿疹などのマイナートラブルや妊娠線対策として、しっかりとした保湿を心がけましょう。

出産する産院を選ぶ

病院によっては妊娠初期に分娩予約をする必要があります。まずは自分がどんなお産をしたいのかを考えて。

  • ゼクシィの内祝いサービス
    2,500円以上で送料無料
    今すぐチェックする