妊娠初期の中絶

妊娠初期の中絶

妊娠初期の中絶について知りたい

妊娠初期の中絶のうち、12週未満で行われる人工妊娠中絶は、子宮内容除去術となります。これは、器械で子宮の入口を開き、胎児と胎盤などの付属物を器具を使って掻き出す、または、吸引器で吸い出すといった方法で行われます。実際には11週でも赤ちゃんの成長状態が早く12週程度の大きさであれば、中期中絶の方法がとられます。逆に、12週を過ぎていても赤ちゃんが小さめの場合は初期中絶の方法で処置が行われます。一般的に初期中絶の場合は日帰り手術となります。

みんなどうだった? 妊娠初期の「中絶」の体験談

生理が一週間遅れていました。普段は多少前後することがあっても妊娠検査薬は使用しないのですが、なぜかその時は妊娠検査薬を買って検査しました。すると、初めて陽性の反応がでて夫と二人で「どうしよう」と混乱してしまいました。ちょうど転職前で、妊娠継続は無理だろうと産婦人科に行き、妊娠初期のうちに中絶手術を受けることにしました。その後家族に相談したところ、せっかくできたのだから中絶をせず、転職先に連絡し相談してみたらとアドバイスを受け、中絶を中止しました。

中絶を希望したら「なんとか頑張ってみない?」と言われたが、育児休暇がとれないので難しいというとそれ以上強くは言われなかった。

結婚してなくて病院にいきました。すぐ中絶の事をいわれたのでショックでした。病院を変えました。

旦那とまだ付き合っているときに学生だった私は一度妊娠初期に中絶をしました。旦那はその頃妊娠を打ち明けたときはすごく冷たくて、凄く嫌な思いをしました。学生の私には、将来なりたいものにむかってまずは進んでほしかったそうです。でも、その時は、とても辛い思いをしました。自分が目指していた看護師にもなれ、結婚して、子供も作っていい環境になりましたが、なかなか欲しいと思った時にはできず、できないんだろうかと思っていました。けれどある時、気付けば生理が来ず、旦那に相談したら、早めに調べてみたらと言われ、一緒に検査薬を買いに行ったところ、妊娠していました。以前の反応とは全く違い、満面の笑顔で喜んでくれました。すごく嬉しくて泣いてしまったことを一生忘れません。

出産応援キャンペーン 妊プレ