妊娠初期(2ヶ月・3月・4ヶ月)の症状

妊娠初期症状にはどんなものがあるの?

妊娠初期とは、妊娠1カ月(0w1d)から、妊娠4カ月である、妊娠15週(15w6d)までを表します。

妊娠0週は最終月経(生理)の真っ只中。つまり、妊娠初期症状としては、いつもどおりというわけです。
妊娠1週はまだ排卵前ですので、当然受精もしていません。
妊娠2週で受精が起きます。
妊娠3週になると、着床しますが、この時に、月経様の出血(俗に妊娠月経などと呼ばれます)があることがあります。
妊娠4週で来るべき月経が来ず、体温は高温相をキープします。
妊娠5週くらいになると、つわりの症状がではじめます。これによって妊娠に気がつくという方も多く、症状には、吐き気や嘔吐、むかつき(胃がムカムカする)、空腹時に気持ちが悪くなる、臭いに敏感になる、頭痛、耳鳴り、イライラするなど個人差があります。

その後、10週頃にhCGのピークを迎えるとともに、つわりもピークとなり、妊娠4カ月に入る頃には心拍数や心拍出量が増加します。これによって、動悸やめまいといった症状を感じる人もいます。

  • ゼクシィの内祝いサービス
    2,500円以上で送料無料
    今すぐチェックする