妊娠初期の痛み

妊娠初期に痛みを感じるのはなぜ?

妊娠初期には、あちこちに痛みを生じることがあります。

まずは腹痛ですが、下腹部が締め付けられる、引っ張られる、キュッとくる…という痛みの場合は、大きくなりはじめた子宮が、周囲を圧迫するために生じる痛みと考えられます。

足のつけ根のあたりがつれる、下腹部がつれる…といった、つるような痛みの場合、子宮をささえている靱帯が、急激な伸びに悲鳴をあげている、けいれんを起こしていると考えられます。いずれも正常な妊娠経過の痛みですので、安静に過ごして様子を見ましょう。

激痛や出血を伴う下腹部の痛みの場合は、危険信号。子宮外妊娠(異所性妊娠)や絨毛膜下血腫といった、なんらかのトラブルを疑う必要があります。

また、おなかの上の方の痛みの場合、つわりによって生じた胃炎という場合があります。

そして妊娠初期には頭痛が起きることもあり、これは、ホルモンの変化による偏頭痛が多く、頭痛持ちではなかったのに頭痛がでる人もいるし、逆に偏頭痛持ちだったのに、妊娠したら治ったという人もいて、個体差があります。更に妊娠初期には、鉄欠乏性貧血でも頭痛になることがあります。

また、今まで腰痛がなかった人でも、妊娠初期には子宮が大きくなりはじめ、骨盤内の充血が起こるために、腰痛が起こりやすくなります。

みんなどうだった? 妊娠初期の「痛み」の体験談

8週から19週頃まで頻繁にお腹の張りを感じました。お腹が張ってくると真っ直ぐに立てなくて、「く」の字に曲がった状態になるのです。無理に伸ばそうとすると、お腹が張り破けるような痛みがありました。

お腹がよく張っていたので、子宮全体がキューっと突っ張るような感じで弱い痛みがありました。

お腹と腰に鈍痛があり、生理痛のような、下痢のような痛みがありました。

お腹の右側が突っ張るような痛みがありました。

お腹の下の方に、鈍い痛みがありました。

お腹の下の方に、針で刺されるようなチクチクした痛みがありました。

お腹の真ん中がパンパンになって、はちきれそうで苦しい痛みでした。

お腹の中心(おへそのあたり)に、生理痛のような痛みがありました。

お腹の張りと、筋肉痛のような、便秘でお腹が痛い時のような痛みがありました。

お腹よりも背中や腰、お尻の辺りに痛みを感じることの方が多かったです。

お腹全体がゴロゴロして、下痢の痛みなのか妊娠によるものか区別がつきませんでした。

おへそのあたりに、お腹を壊したような痛みがありました。

おへそがキューッとするような痛みを感じました。

妊娠中におへその左側がひきつるような痛みが続いたことがありました。

おへその周りで引っ張られるような痛みがありました。

出産応援キャンペーン 妊プレ