妊娠時の吐き気

吐き気

妊娠したら吐き気が。原因は?

卵子と精子が結合し、受精卵になると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌が開始されます。hCGは妊娠しないと分泌されないホルモン。その働きは、妊娠を維持するために妊娠黄体を刺激して、エストロゲンとプロゲステロンの分泌を促すことです。この2つの女性ホルモンのうち、プロゲステロンは、消化器平滑筋を弛緩させます。

また、子宮が日に日に大きくなることで、周りの消化管を圧迫するようになります。そのため、消化器の運動が低下し、そして胃の中にはいつもよりも長時間食物が停滞するようになってしまいます。そのため、妊娠するとムカムカしたり、胃酸の分泌異常が起きたりするのです。

妊娠初期の吐き気はつわりの症状のひとつでもあります。あまりにも気持ち悪くなり過ぎて、本当に吐いてしまうこともあるかもしれませんが、吐く事は悪いことではありませんし、吐いても直接胎児に影響はありません。ただ、1日のうちに何度も嘔吐を繰り返す状態で、脱水、飢餓状態になってしまうようであれば、治療が必要となり、その場合には妊娠悪阻という病名がつきます。

また、妊娠後期(妊娠末期)にも吐き気が起きることがあります。この原因は、大きくなったおなかで胃が圧迫されるため、胃のもたれやむかつきなどの不快な症状が現れるからと考えられます。これは、俗に、妊娠後期つわりなどともいわれ、多くの人が感じる症状です。つわり期のように、食事は少量を回数を分けて食べることで解消できます。ただし、あまりにひどい吐き気の場合、他の原因(胃酸が逆流して、食道が炎症を起こしているなど)の場合があります。健診のときに担当医に相談しましょう。

みんなどうだった? 妊娠中の「吐き気」の体験談

テレビで食べ物を見るだけでも吐き気がしました。夫にはキムチなどにんにく系の匂いが強いものは産まれるまで控えてもらいました。
妊娠初期の「吐き気」の予防法、体験談はこちら
便秘。妊婦中期に入った頃、あまりの便秘に吐き気と下痢で倒れました。その後、マグネシウムのお薬、オリゴ入りミネラルウォーター、ヨーグルト、プルーンなどありとあらゆるものを試したが、ウォシュレットが一番効いたようなきがしました。
妊娠中期「吐き気」対策の体験談はこちら