妊娠時のつわり

つわり

妊娠するとなる、つわりってどんな症状?原因は?

妊娠すると、つわりと呼ばれる、さまざまな症状に悩まされることがあります。主に妊娠初期〜中期にかけて起きることが多く、妊娠5〜6週頃から症状が出始め、妊娠12〜16週頃にはおさまるとされています。症状や程度は人それぞれ。代表的な症状には、吐き気、嘔吐、唾液量の増加、全身倦怠感、頭痛、眠気、食欲不振、食物や匂いに対する嗜好の変化などがあげられます。

つわりは、非妊娠時や男性には産生されない、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が、妊娠することで一気に増加することが関与しているのではないかといわれていますが、まだ全容は解明されていません。つわりは病気ではなく、妊娠の生理的現象ですが、つわりの症状が悪化し、食事や水分を摂取できなくなったら、受診が必要です。そのとき、妊娠悪阻という病名がつきます。受診の目安としては、一日中続く頻繁な嘔吐、食事摂取困難、5%以上の体重減少、脱水・飢餓状態、尿中のケトン体陽性です。通常のつわりが妊婦80%近くに起こるのに対し、妊娠悪阻は全妊婦の1〜2%程度の頻度でしか起こりません。

妊娠中期になってもつわりのような状態が続き、それが出産まで続いたという人もいます。この場合、多くは途中から、子宮による胃の圧迫で消化不良などになり、胃もたれや胸やけを起こしていると考えられます。

いずれにせよ、つわりは妊娠期の一過性の症状。時が経てば解消されます。

みんなどうだった? 妊娠中の「つわり」の体験談

妊娠中つわりが酷く、医師にビタミンやその他栄養素不足と言われたので、ミカンを毎日食べています。(35歳)
妊娠初期の「つわり」の予防法、体験談はこちら